all around gunma
緊急のとき
home
国際交流ガイド トラベルガイド せいかつガイド

緊急のとき

1.緊急連絡先


警察110 強盗などの犯罪や交通事故にあったとき
救急119 急病やけがなど、救急車が必要なとき
消防119 火事が起きたとき

携帯電話や固定電話からかけるときは、そのまま番号を押してください。 公衆電話からかけるときは、受話器を上げて赤い「緊急用通報ボタン」を押してから 番号を押すと、無料でかけられます。

警察 110

何が起きたか(交通事故か犯罪かなど)、場所はどこか、名前などを日本語で簡潔に 伝えましょう。

群馬県警察では、県内3警察署に国際連絡員を配置し、外国人の方が関係する交通事故、 犯罪被害などに次の言語で対応しています。

対応曜日(月~木 8:30~17:30)
伊勢崎警察署(ポルトガル語) 0270-26-0110
太田警察署(スペイン語) 0276-33-0110
大泉警察署(ポルトガル語) 0276-62-0110

群馬県警察(英語・ポルトガル語・スペイン語)
子供と保護者のための防犯マニュアル(日本語・ポルトガル語)

救急 119

落ち着いて次のことを伝えましょう。日本語が話せない場合は、近くの人に電話してもらいましょう。

<会話例>

-火事ですか? 救急ですか?
-救急です
-どうしましたか?
-病気やけがの状態を伝えます
-場所(住所)はどこですか?
-あなたのお名前と、今お使いの電話番号を教えてください。

*救急のときは、病人の名前、住所のほか、生年月日、職業、血液型、健康保険の種類なども聞かれるので、わかるようにしておきましょう。


消防 119

大声で「火事だ、火事だ!」と叫び、近所の人に応援を求めましょう。消防車の出動を頼むときは次のことを伝えます。日本語が話せない場合は、近くの人に電話してもらいましょう。

<会話例>

-火事ですか? 救急ですか?
-火事です
-何が燃えていますか?
-場所(住所)はどこですか?
-あなたのお名前と、今お使いの電話番号を教えてください。

2.地震のとき

日本は地震が起きます。たいていの地震の揺れは数分でおさまりますので、あわてずに行動しましょう。但し、大きな地震の後は、余震が何度も起こるので注意が必要です。

地震が発生したら

1.クッションで頭を守る、テーブルの下にもぐるなど、落下物や倒れてくる家具などから身を守ってください。

2. 揺れがおさまったら、火事を防ぐため、すぐにガスの火やストーブなどを消してください。

3. ドアや窓を開けて出口を確保してください。

4. 大きな地震が発生したときは、市町村の指定する避難所で、すべての避難者に水や食糧が無料で配布されます。自分の住む地域の避難場所を確認しておきましょう。

地震に自信を(財)消防科学総合センター作成(英語・中国語・ポルトガル語・韓国語)
地震が起きたときに必要な説明が詳しく載っています。

気象庁(英語)
地震の震度や発生した場所などの情報が確認できます。

ページトップへ